資源再生可能エネルギー説明会

6月23日(月)、リック羽曳野にて行われた、資源再生可能エネルギー説明会に参加し、セント・トワ株式会社が開発された、油化装置について勉強させて頂きました。また、富田林市通法時町にて展示されている、同装置をあわせて視察させて頂きました。
同社が開発された油化装置は、廃プラスチック、廃タイヤ、廃電気製品、廃電線、廃ビニールなどの石油由来の廃棄物から再生油とペレット状の固形燃料、金属といった再生資源に転換する装置です。
同装置の画期的な点は、破砕や、洗浄などの前処理を必要としないため、破砕による飛散、洗浄による汚水の発生がなく、また、発生するガスも装置を可動するための燃料として使用するため、大気中への汚染物質の放出がなく、無煙無臭。処理後に発生する廃棄物(残渣)がなく、全て再利用が可能な有価物に転換できるという事で、環境の観点からも非常にすぐれた装置だと感じました。                             衆議院議員 谷畑孝

油化装置を視察させて頂きました。

油化装置を視察させて頂きました。

セント・トワ株式会社宮井社長より、ご挨拶。

セント・トワ株式会社宮井社長より、ご挨拶。

ご挨拶の場を頂戴いたしました。

ご挨拶の場を頂戴いたしました。