平成26年度 宝くじ桜寄贈事業について ()

日本さくらの会では、平成26年度 宝くじ桜寄贈事業を下記要項にて実施します。

<事業目的>
さくらは、我が国を象徴する樹木として古来より親しまれ、潤いと安らぎを与えてくれています。日本さくらの会は、宝くじの社會貢献広報事業による助成を受けて、さくらの植栽、育成、保全を図り、豊かな自然環境、生活環境を保全を図り、豊かな自然環境、生活環境を保全するためにこの事業を実施します。

<寄贈対象>
宝くじ桜を植栽、育成、手入れ、保全し、自然環境、生活環境の保全という公益活動をする団体等であり、次の要件を充たす箇所とする。
1)さくらを植栽することにより自然景観をより向上させ将来さくら名所になり得る箇所。
2)植栽計画、手入れ保全体制が整備されている箇所。
3)原則として新植地を対象とする。

<事業内容>
1)寄贈物件
桜若木(樹高1.8m内外又は、2.5m内外)
事業表示石碑(ミカゲ石、高さ150cm X 巾18cm X 厚さ15cm、1箇所につき1基)
品種表示板(間伐材合板、桜若木5本につき1本)
2.桜若木寄贈本数
寄贈本数は1箇所あたり50本以上から450本までとする。
3.寄贈品種
染井吉野(ソメイヨシノ)、山桜(ヤマザクラ)、大山桜(オオヤマザクラ)、寒緋桜(カンヒザクラ)、大島桜(オオシマザクラ)、枝垂桜(シダレザクラ)、その他 サトザクラ類(関山、普賢象、一葉、うこん、陽光)
※品種・数量については日本さくらの会と申請者が協議して決定する。
4.申請受付期間
平成26年5月7日~平成26年7月25日(必着)
5.審査決定
平成26年10月中旬
6.寄贈時期
平成26年12月中旬~平成26年1月下旬

ご詳細は
大阪桜の会事務局(谷畑孝大阪事務所内) 
TEL 072ー994-5005
FAX 072-994-9908
担当 竹綱修一までお問い合わせ下さい。